去年の12月に設立したソフトバンクグループの孫正義社長が代表理事の「孫正義育英財団」の海外奨学金が募集開始をしており、締切が2月28日とせまっております。財団の副代表理事はノーベル賞受賞の山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長です。
孫正義育英財団

対象は異能な海外人材。異能っていうのが面白いですね。詳しくはを下の応募資格を確認してください。
国籍や年齢は25歳までなら何歳でもよく、最長4年間の学費や滞在費を返済不要の奨学金が付与されます。初年度は数人らしいのですが、将来的には100人に増やすそうです。孫正義社長のポケットマネーからでる奨学金なんです!孫正義社長自身も16歳に渡米して、大学はUCバークレーを出ています。
 
応募資格
応募時点で25歳以下で、(1)から(5)の応募資格いずれかを満たしている方が支援の対象となります。(1)分野は問わず、国際大会または全国大会規模のコンテストにて優秀な成績をおさめた方
(2)国際的に通用する資格または団体に所属している方
(3)学業で優秀な成績や成果を修めている方
(4)自身の経営する事業にて業績を出している方
(5)本財団事務局が出す論文選考で優れた思考を発揮している方
応募方法
(1)本財団WEBサイトの指定ページより、必要な応募情報を入力する
応募フォームhttp://masason-foundation.org/support/entry/ 
(2)申込期限:2017年2月28日 

詳しい募集要項は↓↓↓
http://masason-foundation.org/requirements/