ラスベガス語学留学に3週間の留学をした大学生の隠岐さんの留学体験談です。
隠岐さんは語学留学しながらMillennium dance Complexラスベガスのスタジオに通われました。



IMG_4697

1.簡単な自己紹介をお願いします。



静岡県出身、薬剤学部を勉強している大学生です。

2.留学しようと考えたきっかけは何ですか?



もともと英語が好きで、留学をしたいと考えていましたが、時間がとれずに卒業を迎えていまい、最後のチャンスと考えて留学しました。TOEFLなど日本で勉強したり、日本の英会話に通いましたが、英語が喋れないので、留学を決めました。

3.どのような授業でしたか?



日本の英語の授業はまちがっていると聞いていましたが、日本の授業がいかに駄目なのか痛感しました。
私自身、文法、単語を理解しているつもりでしたが、会話になると全然使えず、頭の中で整理して話そうとすると話がおわっていることもしばしば、日本の授業とちがい、よく自分の意見を聞かれます。例えば、先生から環境問題について、どうおもうかという質問に、I don’t have a idea とこたえてしまい、周りの学生はいろいろ意見を伝えていたので、恥ずかしい思いをしました。

また、授業中に、バナナを食べたり、スナックを食べたたりと、終始リッラクスしていました日本人は、授業でわからないと聞き流しますが、こちらの学生さんは、授業を止めてでも、分かるまで質問しているの驚きました。
IMG_4698

4.お気に入りの先生はいましたか?



今回、常に同じ先生でした。パーティー好きな先生で、とってもフレンドリーで、先生と生徒というより、同じクラスの一員のような存在でした。さまざまな単語ゲームなど取り入れた楽しい授業でした。

5.休みの日はどうされてましたか?



ほとんど、旅行で時間を使いました。グランドキャニオン・アンテロープキャニオン・セドナなど人気の大自然ツアーに参加して大自然を満喫しました。市内はストリップストリートなど。さまざまなラスベガスの町も見学しました。また、ダンスクラス (Millennium Dance Complex Las Vegas)に行きました。
ちょうど、JABB AWOC KEEZのメンバーの一人からダンスのレッスンを受けられました。とてもラッキーでした。
IMG_4695
今度は、ダンスバトルがあるHigh Profile Dance Academyに行こうと思います。今回は、行く時間がなく残念でした。  

6.食事・生活はどうされましたか?



初日に、近くのマーケットに行き買い込んで、自炊しましたが、ほとんど、日本からもってきたカップメンなどのインスタントフードを活用しました。特に、インスタントの味噌汁は活用しました。
栄養が不安なので、オレンジシースを毎日飲みましたが、あまり意味はないかもです。
お昼が困りましたね。学校での時間があまりないので、バナナとパンを購入して、お昼にしていました。

7.ラスベガスの留学のおススメできることはありますか?



ラスベガスは、ショービジネスがあるのでエンターテインメントを楽しむ機会や場所が多いです。少し離れれば、グランドキャニオンというような有名な大自然を学べます。

また、ラスベガスは交通の不便もないし、綺麗でした。特に、ウーバーという個人相乗りサービスも良く使われていて、最初は、不安でしたが利用すると簡単で、安全なサービスで大変活用しました。(とにかく安いのがうれしい)近所のお母さんが空いた時間に運転しているのよというドライバーの方もいました。友人がロサンゼルスに留学した時は、車がないと生活できないとか、汚いところがあるという話でしたが、こちらは全然大丈夫でした。

ラスベガスは、最初、カジノとシルクドソレイユというイメージでしたが、実際は、様々なことが体験できました。ラスベガスの大学も見学したりと見どころもたくさんあり、期待以上でした。

また、こちらの人々は大変フレンドリーでおどろきました。
例えば、バスの中でくしゃみをすると、周りの人たちが大丈夫と声をかけてくれて、感動しました。また、ダンスクラスで一諸にしていた仲間から、別れの際、ハグをされて驚きました。
親愛を表現するためにハグをするそうなんですが、文化の違いを勉強しました。



ラスベガス語学留学について詳しくはこちらです→ラスベガス語学留学